未来の私へ〜問題提起⓵

11月26日(月)[鬱、学校を休んだ]

数学という対象自体を心が面白いと感じているのか、

それとも、心に内在する考えや何かが、

数学という手段を介して表現できるから、それをよしとして

面白いと感じるのか。

いったいどうなのだろう。(現時点では、なんとなくだが、両者の面を含んでいるように感じる)

夜桜と紅葉

秋風索莫の夜のなか、

秋水に染まった川の流れに沿って自転車をこいで行くと、

葉の付けた木がつぎへつぎへと姿を現すのだが、

桜なのか紅葉なのか皆目見当がつかない。

どうやら夜になると春色と秋色は区別がつかなくなるようである。

それは、まるで、植物が美の普遍性を追い求め、

個性のかくれんぼごっこをして、遊んでいるようにみえた。

このように、人間も植物も、

芸術に向かうにあたって、似たようなところがあるのかもしれない。

少し考えてみれば、

私の日常にもこんな面白いことがあったのである。私はとても感心した。

f:id:mathpoppy57:20181122202752j:image

 

 

ブログ始めます

不定期ですがブログを始めます。

数学や物理などに限らず、文学や日々の生活の中で発見したことや、面白い問が思いついたら更新していきますので、何卒よろしくお願いしますっ!